会社情報

① 会社概要
会社名   :株式会社シミズ工芸
本社所在地 :杉並区荻窪1-33-13
資本金   :1000万円
設立    :昭和48年2月28日
代表者   :代表取締役 清水弘道
取引銀行  :みずほ銀行荻窪支店
従業員   :7名
決算期   :7月末
事業内容  :屋外広告物の企画・製作・施工
加盟団体  :東京屋外広告美術協同組合、荻窪法人会

② 会社設立の経緯から現在に至るまで

大正初期 森金文字店 初代 森百之助 京都と浅草で神社仏閣の彫り物していたが、それが転じて酒屋・八百屋・魚屋の金文字看板を製作するようになり、本格的に看板業を起こす。

戦争で会社が焼け、浅草から東駒形へ移転 百之助の娘婿清水善治(義雄の父の弟)が2代目になる。金文字と木彫看板を生業とする。

3代目清水義雄(弘道の父)が、杉並区善福寺に移り、昭和48年2月28日㈱シミズ工芸設立。昭和50年代に杉並区荻窪に移転。

4代目清水弘道が1998年から仕事を引き継ぎ、現在に至る。

③ 経営(業務)哲学

○まわりの人を幸せにする
○ほめて応援する
○常にリラックス・常に上機嫌
○お客様も、社員も、業者の人も、営業の人も、宅配便の人も同じように接する
○徳治経営(人の嫌がることをしないで、人のして欲しいことをする)
○従業員にできるだけ長く勤めてもらう 残業のない会社
○「和顔愛語」
○横から目線・下支えのリーダー
○とにかくお客様のかかえる問題を解決する

④ 業務展開上、今最も重要視されていること

ゾーンディフェンス(荻窪・阿佐ヶ谷・高円寺・吉祥寺・西荻窪)
杉並区で勝つこと・杉並区で一番の看板屋になること
蛍光灯交換ビジネス → 直管LEDに交換するビジネス 一部・研究開発型
各種LED(モジュール型・スポットライト型・直管型・テープ型)徹底的な情報収集
ホームページ・フェイスブックページからの集客
そのお店が最も繁盛する看板の提案・一国一城のオーナーが満足する看板の提案
卒業生との連携 屋外広告士の試験対策講義 英会話力の活用

⑤ 今後目指すべきもの・将来像
会社に携わる人が皆、安全に楽しく働き暮らし、安定した生活を送る。
社員ひとりひとりの特技・特徴を最大限に活かしたチームづくり。

2016.4.6更新